豊田市に4 店舗ある美容室・美容院・ヘアサロン

シャンプーは、シリコンかノーシリコンどっちがいいか?

 シリコン・ノンシリコンとはシリコン・ノンシリコンとは?

最近ノンシリコンシャンプーが多いので

シリコンについては気になる方が多いと思います。

 

まず、シリコンって何なのか?

 

シリコンというのは髪をコーティングする物です。

オイルと考えてもらってOK。

 

種類があるので特性は少し変わりますが

ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シランと一部でも入っていたらシリコンです

 

 

ノンシリコンで安全!

 

と謳っている企業が多いので

「シリコン=悪い成分」というイメージがついていますね。

 

手触りを良くするために配合される物なので

確かに補修効果はありませんが、別に毒性もありません。

 

ちなみにCMや広告のシリコンに関しては

 

 

 

 

誇張しすぎです。

 

 

確かに、安い市販のシャンプーの指通りがよくなった・ツヤが出た等の

原因はほとんどがシリコンの効果によるものです。

 

シリコンが配合される場合、シャンプー自体の洗浄力が高い事が多いので

シリコン以前の問題である事が多いです。

 

「シリコンが悪」というか「シリコンを入れる目的が悪」

と言った方がいいかもしれません。

 

シリコンは使用感を良く出来るのが良い所でもあり、悪い所でもあり・・・

「悪いシャンプー」も「良いシャンプー」っぽく簡単に出来る訳です。

 

個人的には、シリコン高配合のシャンプーはデメリットの方が多いように思うので

ノンシリコンの方が良いとは思います。(少しでも入ってたらダメとも言いませんが)

 

結論としてシリコン・ノンシリコンについては

 

 

 

 

ノンシリコンを選んだ方が良いシャンプーに当たりやすい

 

 

 

これが結論かな、と思います。

 

良いシャンプーは洗浄剤自体にコンディショニング性を持つ物が多いので

シリコンを入れる必要が特に無いからです。

 

こんな事を言ってしまうと、ノンシリコンの物さえ選べば問題ないと

思われるかもしれませんので言っておきますが

 

 

 

ノンシリコン=良いシャンプーとも限りません。

 

 

結局シャンプーの良し悪しが決まるのはシリコンじゃなくて洗浄剤です。

ノンシリコン=良いシャンプーという勘違いは危険です。

 

というか、あんまり気にしなくて大丈夫です。

良いシャンプーを使えばいいだけです。

 ノンシリコンシャンプー

小林稔 by
得意なスタイルは、 ミディアム~ショートまで 男女問わず髪のお医者さんみたいに、その人一人一人の髪質見て施術させていただきます。