愛知県豊田市に4 店舗ある美容室・美容院・ヘアサロン・上手い

チリチリ髪の毛の改善方法・原因と対策・おすすめのシャンプーについて豊田市美容師が徹底解説!

こんにちは、豊田市美容室リスペクトマンボの 小林です。

チリチリと縮れた髪をどうにかしたい…」

「理想とするツヤツヤサラサラの髪とは程遠く、鏡を見るたびに落ち込む…」

と、自分の髪にコンプレックスを抱えている方は多いのではないでしょうか。(因みに自分もそうでした。笑

 

髪がチリチリになってしまう「原因」と「正しい対策方法」を知れば、本来の美しい髪の毛を取り戻すのも夢ではありません!

そこで今回は、髪質改善の専門サロンを運営する私・小林が、チリチリ髪の改善方法や原因や改善方法について正しく・分かりやすく徹底解説いたします!

  • どうしてチリチリの髪になってしまうの? チリチリになった髪の毛を治すなおす方法はあるの?
  • チリチリ髪の毛の正しいケア方法は?

といった疑問について、具体的にお話していきたいと思います。

変わるはずはないと諦めず、一緒に美髪を取り戻しましょう!

それでは早速、髪がチリチリになる原因から解説していきます。

なお、髪質改善の全体像について知りたい方はの記事も合わせてご覧ください。

 

チリチリの原因とは?

チリチリと縮れた髪の毛はコシ・ツヤがなくゴワゴワして見えてしまいます。あちこちにはねて、綺麗にまとまらないのも難点ですよね。チリチリの髪の毛は「縮毛」や「ビビリ毛」などと呼ばれることもあります。

髪の毛がチリチリになる原因は、ズバリ!主に以下の3つです。

アルカリ性の物を髪に使用している
ヘアアイロンなどによるダメージ
生まれつき

生まれつきだけでなく、使用するアイテムや日常生活のダメージによって髪の毛がチリチリになることもあるんですね。

生まれつきだからと諦めていた方も、正しいヘアケアによってサラサラ髪に近付けるかもしれませんねなるほど!

原因について順番に説明していきますので、皆さんはどれが当てはまるか確認してみてください。

原因①アルカリ性の物を髪に使用している

アルカリ性のものを髪の毛に使用することで髪の毛がチリチリになってしまうことがあります。

アルカリ性のものが髪に与える影響は以下の通りです。

  • キューティクルが開いてタンパク質などの髪の内容成分が抜けやすくなる
  • 膨潤しやすくなる(髪が水を吸って膨らむこと)
  • 熱や紫外線に弱くなる

髪の毛は肌と同じ「弱酸性」のため、アルカリ性のものは髪にとって刺激になるのです。髪に使用するだけでなく、すすぎ残しなどの残留が原因の場合もあります。

アルカリ性の頭髪用アイテムには以下のようなものがあるんですね?。

アルカリ性の頭髪用アイテム

  • カラー・ブリーチ剤
  • パーマ・縮毛矯正剤
  • シャンプー
  • スタイリング剤

特にパーマ・カラーを繰り返している方やハイトーンカラーにしている方の髪にチリチリの髪が多く見られるのは上記が原因です。ハイライトやメッシュを入れた部分だけに発生していることも多いですね。

現代のパーマ・カラーの薬剤は進化しているので、美容師が正しい方法で施術をした場合は大きなダメージを受けることはありません。

しかし、その積み重ねや、セルフで正しく薬剤を使用できなかった場合などに大きくダメージを受けてしまい、逆にダメージが進んでしまいそうですね。

原因②ヘアーアイロンなどによるダメージ

ヘアアイロンやコテで過度な熱を与えてしまった場合にも、ダメージでチリチリ髪ができてしまうことがあります。

特に髪が濡れている状態でヘアアイロンやコテをあてているという方は要注意です。【絶対やめてください。髪の毛にダメージが蓄積されます。】
濡れた髪にアイロンを当てると「ジュッ」と音がしますが、これは髪で水蒸気爆発が起きている状態。開いたキューティクルから水分や内部成分が流れ出て、計り知れないダメージを与えてしまっています。

原因③生まれつき

チリチリの髪の毛は黒人に多い髪質で、日本人には少ないと言われています。しかし日本人でも遺伝的要素によって生まれつきチリチリした髪質の方はいらっしゃいます。

生まれつきの髪質は、遺伝的要素が大きく影響しています。

遺伝が原因だとヘアケアなどで髪質を変えることは難しいでしょう。

縮毛矯正やストレートパーマで真っ直ぐにすることもできますが、髪にダメージを与え悪化させてしまうことも考えられます。

信頼できる美容師さんとしっかり相談しましょう。

チリチリ髪を抜くのはやめて!知っておきたい抜毛症のこと

「チリチリした髪を見つけると抜いている」という方は意外と多いようです。

それ、癖になっていませんか?

毛を引き抜いてしまうことが癖になり、やめられなくなって脱毛斑ができてしまう「抜毛症(トリコチロマニア)」という病気があります。

中には無意識に抜いてしまう場合も。

子供や女性に多いといわれており、重症化すると頭髪のほとんどを引き抜いてしまうこともあるんです。

原因は「ストレス」や「精神的不安」にあると見られていますが、詳しくは解明されていません。

そもそも髪の毛を無理やり引き抜くと毛根が傷んでしまうこともありますので、癖になる前にやめましょう!

髪の毛がチリチリになる原因について解説してきましたが、ここからは改善方法についてご紹介していきたいと思います。残念ながら、チリチリになってしまった髪を「完全に元に戻す」ことはできません。しかし、ヘアケアで改善させることは可能です。ここは、綺麗になるまでしっかりメンテナンスしなければいけません。少しずつ毛先だけ切って綺麗にしていかなければいけません。

生まれつきのチリチリ髪の方も、ヘアケアで髪の状態を美しく見せることができるんですか?。

生まれつきの髪質だと思っていたらダメージを受けていただけだった、というケースもあります。諦める前に紹介するヘアケア方法をぜひ試してみてください!
まずは、自宅でできる方法からご紹介します。

①シャンプー・トリートメントを見直す

シャンプーやトリートメント、特にシャンプーは自分にあったものを使うことが非常に重要です。選び方のポイントは以下の通りです。

シャンプー選びのポイント

洗浄力がマイルドなアミノ酸系・タウリン系・PPT系の洗浄成分のものを選ぶ
保湿力が高く、髪内部のバランスを整えてくれるものを選ぶ
配合成分の前の方に髪や頭皮に悪い成分が記載されているものは避ける
④成分表記の欄に水の次にくる成分が主成分が大切【そこにアミノ酸ベースの洗浄力がベスト

髪や頭皮に悪い成分には、「ラウリル硫酸Na」などの石油系合成界面活性剤、「赤色号」などの合成着色料、アルコール類などがありましたよね?
本当にしっかり調べて今自分が何を使っているのか把握しないといけませんね。

その通りですね橋本くん  笑い

トリートメント選びのポイント

ケラチン系成分を配合した内部補修効果の高いものを選ぶこれも低分子・中分子・高分子とあり大体市販のトリートメントは、高分子になります。
強力な洗浄成分を配合しているものは、髪や地肌を傷める可能性があるので避けるようにしましょう。最近ではアミノ酸系の洗浄成分を使用したシャンプーが人気です。

強力な洗浄成分を配合しているものは、髪や地肌を傷める可能性があるので避けた方がいいみたいですね。
最近ではアミノ酸系の洗浄成分を使用したシャンプーが人気みたいですね・自分も使ってみますね。笑

トリートメントはシャンプーと相性の良いものがベストなので、ライン使いするのがおすすめです。ケラチン系成分を配合していると、少しずつ効果的にダメージを補修して髪質改善へと導いてくれるでしょう。個人的にはかなりおすすめです。1度使用してみて下さい感じが良くなりますよ。

②洗い方・乾かし方にも注意する

正しいシャンプー・トリートメントを選べたら、洗い方や乾かし方も見直してみましょう。ここもかなり重要ですよ。
実はほとんどの方が正しいシャンプーの仕方ができていません。

正しいシャンプーの行程はこちらです。

正しいシャンプーの行程

ブラッシングで髪の絡まりと汚れを落とす
髪全体をしっかり濡らし、予洗いで髪と頭皮の汚れをできるだけ落とす
適量のシャンプーをしっかり泡立て、地肌を洗う
ヌルつきが完全になくなるまでしっかりとすすぐ
あまり泡立ちが悪いままシャンプーをしない事しっかり泡立ちを良くしてから地肌や髪の毛を揉み込みながら洗う事なので2シャンプーが必要になります。

「洗い残し」「過剰な量の使用」「すすぎ残し」は髪ダメージの原因になるみたいですね?これもまた気をつける所ですね。

トリートメントは、毛先を中心にたっぷりとつけ、髪の内部に浸透するまでしばらく時間をおくと良いでしょう。補足に少し圧をかけて揉み込みすると良いです。
濡れた髪はキューティクルが開いてダメージを受けやすい状態です。髪同士をこすり合わせないように丁寧に洗い、乾かしてください。

乾かす際のポイントはこちら。

必ずアウトバストリートメントをつける
押し当てるように優しくタオルドライする
完全に乾かす
④最後に冷風を使いキューティクルをしめる【完全に水分を飛ばしてから冷風を使って下さい。水分が残っているとダメージの原因になります。

なんとなくになってしまいがちなドライヤーですが、正しい方法で行うことで髪へのダメージを最小限に抑える事が出来ますね。
小林さん色々詳しくありがとうございます。

因みにシャンプーの仕方とやり方を解説した動画があります。確認して参考にして下さい。

小林稔 by
名前 小林 稔  ディレクター 歴14年 最初は理容師免許その後美容師免許を取得して今は、ダブルライセンス持っております。 お客様の要望に限りなく答えていきます。 1982年11月17日愛知県豊田市出身幼い頃から父親が経営している理容店で15年間暮らしていました。中学時代に田中 トシオ理容師の世界チャンピオンのハサミのひとり言の本を読んで自分も理容師の道に憧れて中学卒業してすぐに東京のヘアーサロン髪ingに入社して9年間修行させて頂いた。 大会は埼玉で開催された、技能五輪理容師の全国大会に出場して5位 世界大会マルセルラミー日本全国大会に出場するも惜しくも選考会で選ばれず、毎日毎日練習をして少しずつ上達させていただいた、おかげで今は、楽しくサロンワークさせてもらってます。そして9年お世話になった修業先の田中トシオ先生に本当にお世話になりっぱなしでした。それから地元に戻り 自分がここまで来るのに色々な方々にお世話になって成長させていただきました。そのお世話になった方々に恩返しできる様にスタッフを成長できる様にカバーしています。一人でもこの業界の面白さややりがいが伝わればと思います。 「豊田市に戻り次は、3年後・・・美容師の免許を取得・・日々サロンワークや、お客様に喜んでいただける為に奮闘中 趣味 旅行と少し子供と遊ぶ事です。」 「得意なスタイル「メンズショートカット」1人1人の骨格に合わせてカットする 自然な縮毛矯正 化学染料を使わない優しいカラー」