愛知県豊田市に4 店舗ある美容室・美容院・ヘアサロン・上手い

梅雨時期のうねりパサつきゴワツキを抑える方法は?豊田市美容室リスペクトマンボ

どうも自分自身も梅雨時期でうねりが激しさを増してクルクルパーマかけた様に見える。男     小林です。

さて梅雨時期でどうして水分を含むとうねるのか? パサつきゴワツキがでるのか?今日は、この辺を解説していきますよー

まず最初にら広がり、パサつき、うねり…。「雨の日は何やってもダメ」という方、多いのではないでしょうか?
くせ毛の方だけでなく、カラーやパーマ、ヘアアイロンなどによってダメージを受けている髪ほど、湿気の影響を受けやすいと言われています。
髪がダメージを受けてキューティクルがはがれると、髪の大事な栄養が流れてスカスカになってしまい、パサつきや枝毛、切れ毛などのダメージへとつながっていくのです。
そして雨の日はそのスカスカになった髪のすき間に空気中の湿気が入りこむため、髪内部の水分量が増えて広がったり、クセがでたりするのです。

髪の保持する水分量

一般的に健康な乾いた髪の水分量は11~14%程度と言われていますが、シャンプー等で濡らした場合は35%程度まで増加するほど、髪は水分を吸収しやすいのです。
そのため、雨が降ると必要以上の水分が髪に入り込み、髪が膨張し広がりが起きてまとまりのない状態になってしまうのです。 

日本人の約7割はくせ毛の持ち主!

残念なことに、もともと日本人の7割はくせ毛と言われています。まぁ自分もその中1人です。
くせ毛は1本の髪でも「水分が溜まりやすい部分」や「乾燥しやすい部分」ができるなど、内部で保持する水分量が均一ではありません。
雨の日、髪内部に湿気が入り込む際も同じで、この“水分保持量の違い”がうねりを引き起こす原因だと言われています。
髪のダメージ具合によって水分量に違いが出るのも、この“水分保持量の違い”があるからなのです。

美髪のための対策法

こうしてできてしまったうねりや広がりが、毛先のまとまりを悪くしたり、切れ毛や浮き毛を目立たせる要因になっています。
とゆうわけで、「髪内部の栄養分と水分を適量に保つこと」が対策法の1つになります!
最も手軽な対策としては、トリートメントやヘアオイルやワックス、クリームなどを使い、内部に余分な水分が入り込まないよう髪を保護することです。 

根本的になおしたい方にオススメなのは?

くせがある方は、梅雨時期だけでもSPADICオリジナルの「髪質改善ストレート(縮毛矯正)」がオススメ。
くせをまっすぐにして、毛先はトリートメントでメンテナンスしましょう!
1度の施術で2か月、髪質次第では3か月もキレイな状態をキープできますよ♥

小林稔 by
名前 小林 稔  ディレクター 歴14年 最初は理容師免許その後美容師免許を取得して今は、ダブルライセンス持っております。 お客様の要望に限りなく答えていきます。 1982年11月17日愛知県豊田市出身幼い頃から父親が経営している理容店で15年間暮らしていました。中学時代に田中 トシオ理容師の世界チャンピオンのハサミのひとり言の本を読んで自分も理容師の道に憧れて中学卒業してすぐに東京のヘアーサロン髪ingに入社して9年間修行させて頂いた。 大会は埼玉で開催された、技能五輪理容師の全国大会に出場して5位 世界大会マルセルラミー日本全国大会に出場するも惜しくも選考会で選ばれず、毎日毎日練習をして少しずつ上達させていただいた、おかげで今は、楽しくサロンワークさせてもらってます。そして9年お世話になった修業先の田中トシオ先生に本当にお世話になりっぱなしでした。それから地元に戻り 自分がここまで来るのに色々な方々にお世話になって成長させていただきました。そのお世話になった方々に恩返しできる様にスタッフを成長できる様にカバーしています。一人でもこの業界の面白さややりがいが伝わればと思います。 「豊田市に戻り次は、3年後・・・美容師の免許を取得・・日々サロンワークや、お客様に喜んでいただける為に奮闘中 趣味 旅行と少し子供と遊ぶ事です。」 「得意なスタイル「メンズショートカット」1人1人の骨格に合わせてカットする 自然な縮毛矯正 化学染料を使わない優しいカラー」